才能のあるあなたへ

独り言の延長線上です

ストレスは自分じゃ気付かない

バスに揺られて、東京に向かっている。

今回は2泊3日。そのうちの1日はミスiDカメラテスト。やることは決まった。それについては前日にでもブログにしようかな、なんて考えている。

今日からミスiD2018のカメラテストが始まる。緊張する、といったつぶやきを多く見受けられる。自分はそんなに緊張をしないタイプなのだが、頭でそう思っているだけで体には「不安」「ストレス」が顕著に現れた。

自律神経失調症の症状の「ふわふわ目眩」がここ二日間ほど続き、バイトにも行けなかった。常に車酔いのような感覚になり、立っていても座っていても寝ていてもふわふわと浮かんでいるような状態だった。元々自律神経失調症の症状は高校の頃からあったので今更この状態に驚くことはなかったが、大体寝れば治ったので、二日間も続いたことには驚きを隠せなかった。

ネットで目眩の原因を調べてみると、メニエール病などの疑いもあったが、ストレスなどの心的要因が強いとあり、何にストレスを感じているのか考えてみた。が、自分では全く思い当たらず、母に聞いてみたら「ミスiDのオーディションが不安なんじゃないの?」とあっさり答えられてしまった。そうなのか、と自分のことなのに他人事のような気分だった。うつ病になるような性格なのでストレスをストレスだと自分では気付かないのかもしれない。まあそれも自分の性格の一つだとして、今後は客観視して自分でストレスに気づけるようにしなければ、と反省した。

これを読んでいるあなたは、自分のストレスを自分で気づけるだろうか?わたしのように体に不調がやってくるまでわからない、というのはなんとも怖い話である。どうか自分をよく見てあげてほしい。そしてストレスを感じたらそれが少しでも解消できるように解決策を考えてほしい。思い切り私信だが。自分なりにストレスを解消する方法を知っておかなければ、潰れてしまう。その前に。

高校の先生が卒業後進路に悩むわたしに言った言葉をあなたにも。

「できるだけ、頑張る。できるだけ、でいい。それ以上は頑張るな。」