才能のあるあなたへ

独り言の延長線上です

カメラテスト

今日になってしまった。

前日にミスiDカメラテストのことを書こうと思っていたが、ぐーたらしていたら日付を跨いでいましたとさ。

まあ簡単に何をするかって言うと自分がなんかよくわからないタイミングで閃いた言葉を綴ったもの(一応テーマの「ぼっちが世界を変える」は取り入れた)をなんかよくわからない感じで披露しようと思う。

ミスiDカメラテストも2日目までが無事終了し、終わった参加者の声がTwitterに溢れていた。涙を流す人も少なくなかったようだ。わたしは泣くなんて卑怯なことはしないけど。

自分の人生を語る者、得意なものを披露する者、色々混ざって真っ黒になったキャンバス。真っ白なセーラー服は黒い軍服へ変わって、花園は戦場になる。

次はわたしだ。

勝ち戦がしたい。

何よりも、もっとできたはず、なんていうしょうもない後悔は絶対にしたくないので今から必死にカメラテストのことを考えてから眠ろう。

緊張していないつもりだったが、さっきから動悸がする。柄にもなく緊張しているんだ。

わたしもまだまだ人間だなあ。