才能のあるあなたへ

独り言の延長線上です

ミスiDを今年で終わらせます。

今日はミスiDカメラテストだった。Twitterで「ミスiD」「ミスiD2018」「カメラテスト」などと検索すると、参加した者たちの感想が見受けられた。

「楽しかったです」「優しくて暖かい空間」「審査員の◯◯さんに会えてよかった」などポジティブな意見が多かった。ネガティヴな意見としても「緊張してたので納得いかない」「全力を出し切れなかった」と言った内容。オーディション自体のマイナスイメージは呟かれていなかった。そんな呟きを見て、少し期待していた自分がいた。審査員に女優としてのわたしを評価してもらえるかもしれないし、わたしのミスiDへの疑問点もいくつか解決するかもしれない。そう思って講談社の中へ入った。

受付を済ませ控え室に入ると、会ったことはないけど見たことがあるような女の子たちの顔があった。みんな可愛らしいワンピースや水着、コスプレをし、綺麗なストレートヘアを直していた。結局動画撮影の時に言う言葉が覚えられなくて緊張していたわたしだったが、あまりにも周りの人たちが緊張していたので、むしろ緊張がほぐれてしまった。スタッフさんにも堂々としてますね、と言われた。これでも緊張しているし、普通の人間なんですよ、と言いたかった。

衣装を二種類まで用意できたので、写真撮影はワンピースと水着を用意して挑んだ。1回目のワンピースではポートレートの経験もあって普通に、何事もなく、あっという間に終わってしまった。ふうん、そんなもんか。そう思っていたら「次は動画撮影の方に向かってください」と言われた。ついに審査員と面と向かって話す時が来た。どんな感じなのだろうか、と不安に思っていたが、自己PRをして、審査員からいくつか質問(今後やりたいことや好きなものについてなど)をされて、終わりという流れだった。わたしの前に動画撮影をしていた3人の時の様子を見て、「質問の内容も柔らかいし、基本小林さんが質問していったら終わる感じだな。そこまで圧迫感はなさそうだ」と率直に思った。

わたしの番が来て、自分で考えてきた短い脚本を読んだ。以上です、と言った後、審査員の顔がなんだか納得のいかない顔をしていた。誰もわたしの演技を求めていないことがわかった。軽い質問が終わった後、「あなたは今年の厄介枠じゃないですか」と言われた。審査員みんながうなづくので驚いた。「え?わたし厄介枠なんですか?」笑いながら聞いたら、一の質問に十答える勢いで審査員がわたしに言った。「 厄介枠だけど中途半端なんですよね、もっと噛み付いていいんですよ。我々叩かれても何ともないですし」「ミスiD好きだけど嫌い〜みたいな。ミスiDに噛み付いてたキャス見ましたよ」「女優で行くのか厄介枠で行くのかはっきりしたほうがいいと思うんですよね。まあ、ある意味期待しているというか。好きな方でいいんですけど」

最後にお情け程度に好きな方でいいとは言っているがこんなもんもっとミスiDに噛み付いてボロクソ言ったほうが面白いよって言ってるようなものだろう。別に厄介枠になりたいわけじゃなかったし、正直に思ったことを言っていただけで、勝手にそっちで盛り上がってくれればいいのになあ、と腹が立った。何より、やっぱりわたしは素で普通に生きていられないんだろうな、と思った。「今(自己PR)納得言ってますか?」「30秒あげるからカメラに向かって言いたいこと言ってよ」とわたしがミスiDに文句を言いたいのに言わなかった流れにされ、軽くパニックになった。そんなことTwitterで、それも仲良い人しかフォローしていないオタクアカウントでしか言ってなかったから。「あと10秒〜」そうカウントする小林さんを殴りたかった。

だからタイトル通り言ってやったのだ。言いながら涙が溢れてしまった。あれは悔し涙だったと思う。わたしが泣きながら言う訴えに審査員は笑っていた。ミスiDの本質を出来れば正統派な感じで、スマートに、暴いてやろうと思っていたのに、わたしという人間の本質を先に見破られてしまった。悔しかった。カメラテストにきてもこいつらを見返すことができない。審査員の思うがまま、大人の思うがままになってしまった。みんなの言う「楽しい」も「暖かい」も微塵も感じられなかった。

そのあと2回目の写真撮影で水着を着て、上に動画撮影の時に着ていたミキティーの生誕Tシャツ(ミキティーのサイン入り)を恥ずかしいので羽織っていたら、「Tシャツのままの方が厄介な感じ出てるし、ミスiDっぽいと思うよ」と言われてしまった。そこからは吹っ切れてしまって飛んで回って中指を立てて、ミスiDのパネルを踏んづけて写真を撮った。こっちの撮影の方がカメラマンさんにも褒められた。才能が開花したね、と。

オーディションの場で審査員ウケなんか全く気にせずに本音で喋れ、なんて審査はどうかしてる。わたしだけかもしれなかったけど。わたしの才能は厄介でいることだと植えつけられ、悔しい思いを抱かせたミスiDは、真面目に生きている少女たちには勿体無い。いかに普通から遠ざけるか。無理に変わったことをしよう、特殊になろう、とプレッシャーを無言でかける。懸命に真剣に生きている女の子たちよ、もっと普通に生きて、普通の幸せを掴んで欲しい。淡い期待は毒になって、全身を蝕むから。もうやめた方がいいんだ。わたしはそう思う。こんな大会は今年で終わらせよう。わたしがやるから大丈夫だよ。自分の可能性を信じてやまない幼気な少女たちよ、どうか報われてください。

わたしは、応援している子はミスiDになってほしくない、という呟きをぼんやり見ていたが、今は共感する。大人の都合のいいおもちゃになる前に。羽ばたいて。抜け出して。

わたしはいつまでもミスiDに反抗心を向けて生きていこう。それが大会として面白いから、という大人の都合が含まれていたとしても、これはわたしが決めたことだから。もう大人を信用するのはやめる。

「炎上させよう」

そう言った審査員を、ミスiDを、炎上させてやる。