才能のあるあなたへ

独り言の延長線上です

金が湧き出る泉が欲しい

バイトに行けなくなった。

理由は特にない。

「なんだ?甘えか?これだから最近の若者は」なんて言う昭和オヤジは帰ってほしい。

バイトだけではなく、学校も、アイドル現場も、同じような症状で行けなくなった。理由はうつ病なのだが、これまたどのタイミングで体が動かなくなるか自分でもわからない。なんとなくわかるのはストレスと季節の変わり目が大きく関係しているだろう、と言うことくらいで、一体何が自分にとってストレスになっていたのかは定かではない。行けなくなったら行くのをやめて休みなさい、と医者が言うのでこの症状が出たらバイトは辞めるようにしている。だが東京で1人暮らしがしたいわたしにはお金が必要で、慣れてきたバイトを辞めて、また1から仕事を覚え直すのは面倒な話だ。なるべく辞めたくはない。でも必ずこの症状は現れる。それでいつも親と喧嘩して外へ飛び出す。今回も案の定気づいたら裸足で飛び出していた。意識はあるが感情はない。自分でも自分がわからない、とよく言うのだが、本能的にすることが自分を殴ったり、外へ飛び出したり、道路に横たわったりすることだからだ。

こんな状態でも雇ってくれるバイトなどない。だから嘘をついて健常者のフリをするのだが、限界は大体一ヶ月。金が湧き出る泉があればいいのになあ。せめてうつ病であることを理解した上で雇ってくれるところがあればいいのに。社会に出るのは難しい。そんなことを思いながら、懲りずにバイトを探している。